2012年10月15日

海岸防災林に役立つ苗木たち2

今回の写真も海岸防災林に役立ててほしい苗木たちを紹介したいと思います。

海岸防災林として重要なのが安定的な需要供給と東北沿岸部に耐えられる樹種となります。

沢山の樹種の中で塩害に強くそして耐寒性にすぐれた樹種は供給量も含め限られてきます。

樹種の特徴も踏まえ紹介したいと思います。

IMGP0075.JPG

IMGP0054.JPG

まず第一に沢山の人が知っている「マツ」です。マツの特徴としては塩害にとても強く海岸林の代表です。

針葉樹の高木なのでしっかり・防潮・防風・防災・の役割を果たしてくれます。

IMGP0074.JPG

IMGP0057.JPG


次に「アキグミ」この樹種は落葉樹でありながら冬でも葉を完全に落とさない性質をもっており

潮風にも強くそして乾燥にも耐えられるため近年では日本海沿岸などいろいろな場所の海岸防災林の下層部として植えられています。

尚赤い美しい実がなるので生物多様性の観点からみても鳥などの生息を促す役割も果たせると考えます。

いずれも海岸防災林に使われるポイントを満たしている樹種になります。

後の世代の人たちに素晴らしい環境を残したいものですね。


http://ueharajubyo.com
posted by 苗木屋さん at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59247673

この記事へのトラックバック